REQEST Japanese_catalog 6 Pages Highslide JS
Application
世界有数のカラー計測器メーカーの多くが、定期的に弊社のカラー標準板を使用しており、さらに、使用することを推奨しています。光源と色が重要な想像できるほとんどのアプリケーションで、弊社のカラー標準板を使用することができます;
カラー標準板は、不安定な色の世界で安定した基準を提供します。

印刷とパッケージングにおいて、それらは、グレースケールを維持して制御するのを助けるために頻繁に使用されます。カラー標準板を使用して参照するのを期待することができる従来の分野として、上記以外に織物、染料、ペンキ、プラスチック、セラミック、化粧品およびデンタル分野で必要とされます。更に下記に示すようにオクライアントの要求に応じた特別仕様で歯科材料、道路標示、バスルーム、ビスケット・トマトペースト生産リファレンス等の分野で使用されています。

革新は、リサイクル・プロジェクトと環境テストにおいて現在使用されているカラー標準板にまで至りました。消費者がますます目が肥えているようになるので、カラー制御は、多くの産業界の全体における工程管理と製品開発の重要な要素になりました。

 
カラー標準板は、歯と充填物の製造の際の歯の樹脂の色評価のために必要とされる正確な色制御システムの開発で使用されました。
 
色制限は、道路標示ペンキの製造で使用される熱可塑性コーティングの製造業者に課されます。弊社の顧客は、生産した白色と黄色のペンキがこれらの色制限の範囲内にあることを保証するためにカラー標準板を使用しています。
 
一連の基準色が、光滑剤とアクリル塗料を調和させた製品を使用したバスルームの生産者に対して必要でした。多くのメーカーは、メーカー間で不必要な競争を避けるためにポピュラーな色範囲と類似した色の複製を開発するために一緒に働きました。
 
色は、この分野で主要なプロセス・モニタリング制御ツールとして注意しなければなりません − ビスケットの色合いとトマト・ペーストの製造および醸造するために穀類を焼くことからパンの測定まで食物品質が多くの場合色を基本としているので。
 
製薬分野の取引先は、保管された散薬の色変化をモニターおよび診断判定のためにカラー装置を使用します。例えば、カラー変化に対して測定される尿検査ニーズで使用されるテスト・ストリップに対してLucideonは、使用する計器のためにセラミック製のキャリブレーションされた小さな標準板を提供しました。
効率を向上させ生産経費を緩和するために、正確な測定は、製品の整合性に対して重要です−弊社のカラー標準板は、信頼性が高く安定したリファレンスを提供します。

最高の再現可能な結果を得るために、測定は標準板の中心部に限定されなければなりません。理想的には、治具は計器の測定アパーチャが標準板の中央部に位置するように使用しなければなりません。しかし、各々の標準板のバック・パターンは、各々の測定に対して同じ位置なるようにデザインされています。

マット標準板は、その中に適正なサイズのすき間に薄い紙のマスクがあるかもしれません、そのサービス生命を長くして、計器でマット表面の接触を減少するのを助けるために標準板と計器との間に挟むようにします。丈夫に着色した標準板は、若干のサーモクロミズムを示すので、測定の前に室温で安定させなれなければなりません、そして、手入れは測定の間、過度の暖房を防止するために必要です。ニュートラル・グレーの標準板の場合は、測定可能なサーモクロミズムを少しも示しません。
**サーモクロミズム(英: thermochromism)は、温度の変化によって物質の色が可逆的に変化する現象をさし、クロミズムの一種です。

カラー標準板の取り扱いと寿命を保証するために良い方法で手入れすることは重要です。弊社のカラー標準板チームは、カラー標準板の手入れをするのを助けるために次のガイドラインをまとめました。カラー標準板の端を常に持つようにしなければなりません。表面に傷跡またはかすり傷を残すかもしれないので、指で表面に触れたり、または、作業台の上に表面を下にして置かないようにして下さい。

標準板が汚れた場合、その表面に息を吹きかけて、ティッシュまたはきれいな布で優しく拭くことによりきれいになります。もし、標準板がが酷く汚れている場合、実験用のグレード洗剤で湿させたティッシュのパッドで優しくその表面を拭いて下さい(これは、漂白剤、濃化剤または着色剤薬品のような添加物を含まない洗剤です。次のメーカー説明書に準拠しなければなりません)。

これは、きれいな水と完全に乾いたタオルに湿らせたパッドで拭かなければなりません。これが十分でない場合、Propan-2-ol(イソプロピルアルコール)で軽く湿らせたティッシュのパッドで拭いて下さい、そして、標準板を完全に乾かして下さい。

どんな状況でも、カラー標準板を水または流水に浸してはいけません。きれいにする時に磨き過ぎを防止するために、過度の圧力をかけないように注意しなければなりません。


 
AMTEC
(c)Copyright: Amtec., Co. Ltd. 1998-2014, All Rights Reserved  
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
*/