AMTEC HOME
1984年12月 フーリエ解析、フーリエ変換を形成して実行するためのメニュー選択方式のソフトウェアパッケージは、信号解析のためにアリゲータ・テクノロジーズ社の最初のソフトウェア製品として市場に出しました。
1985年9月 アリゲータ・テクノロジーズ社はフーリエ解析IIを紹介しました。そして、ソフトウエアにコンボルーションおよびバンドパス・フィルタリングのようなポピュラーなDSP機能を追加しました。
1988年1月 二次元のPrime Factor FFTは、シングル次元配列用のPrime Factor FFTサブルーチン・ライブラリーに増強オプションとして紹介されました。このプログラムは、直交座標表示FFTを計算する最初のPCベースの高速フーリエ変換(FFT)ソフトウエアです。
1990年1月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、カラーおよび黒い/白いビデオ用の一連の画像処理フレームグラバを発表しました。製品は、医学画像およびオプティックスとしてそのようなアプリケーションでアリゲータ社のソフトウエアの用途に、設計しました。
1990年6月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、フーリエ解析の第3のバージョンを発表しました。プログラムは、グラフ図の結果を観察する為のDataViewグラフィックユーティリティを含んでいます。
1991年2月 モデルAAF-1は、A/D変換システムにおいて信号エリアジングおよび高周波騒音問題を除去するための最初のローパスフィルター・ボードになります。
1991年4月 同社は、オプションの整数スケーリングおよび80387/80486検出としてそのような新機能によるPrime Factor FFTのバージョン2.0に着手して最適化しました。
1992年8月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、フロントエンドの信号処理ソリューションとしてエリアジングの問題およびローパスフィルターの使用をチェックする一連のアプリケーションノートをリリースしました。最初の月の間に、1,000枚以上の写しが要請されました。
1993年5月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、Windows用のその最初のソフトウエアを初めて市場に出しました。
Prime Factor FFTのバージョン3.0は、Windowsにフーリエ解析をもたらして任意のコンパイラをサポートするダイナミックなリンクライブラリー(DLL)として作動します。
1993年12月 数年の成功した成長の後、アリゲータ・テクノロジーズ社は商品開発能力を拡大したコスタメサ(カリフォルニア)の本社をより広い新しい場所に移転しました。
1994年2月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、AAF-HE8Pを紹介することによってそのローパスフィルター・ボード・ラインを拡大しました、8チャンネル、RS-232のプログラム可能なボードは、工業データ収集システムで高い振動および極端な温度に耐えるようにデザインされています。
1994年4月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、10年のデータ収集および解析市場のプロダクトデザインおよび開発経験に跡を残しました。
1994年8月 オプションの差動アンプおよびフル・ソフトウェア化制御を特徴として、AAF-3はアリゲータ・テクノロジーズ社がローパスフィルター・ボード・ラインを広げる最も新しいメンバとして公開されました。
1995年3月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、国際ディストリビュータおよびシステムインテグレーターの選ばれたグループに対するマーケティングおよび販売支持を識別して、認可しておよび提供するパートナー計画を紹介しました。
1995年6月 16ビットのA/Dボード・ユーザーの性能および確度必要条件に会うために、アリゲータ・テクノロジーズ社はその最初のアナログフィルタ(GSAF-10ゴールドシリーズ)を紹介しました。
1995年7月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、LabVIEW図形処理プログラミング環境用のドライバを開発することによってその典型的なAAF-3フィルタ/増幅器カードのソフトウエア-制御能力を強化しました。
1995年8月 生産効率および更に安い部品コストを利用して、アリゲータ・テクノロジーズ社はAAF-1フィルタ価格を25パーセントも下げました。移転によりPCカード市場でAAF-1を最も安い価格のフィルタを提供できるようになりました。
1996年3月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、リモートコンピューターの制御の下で費用効果がよい信号処理を提供するマルチチャネル・フィルタ/増幅器システムを提供するというその計画において、最初のマイルストンに跡を残しました。同社は、AAF-16を紹介しました、そしてそれはシングルPCプラグインカードの16のローパスフィルター・チャンネルを提供します。また、ソフトウェア制御キーファンクションおよび16ビットまでのA/D分解能のために、ニーズをあわせました。
1996年7月 PPFプレおよびポスト-フィルタリング・モジュールは、AAF-16用のアドオン・オプションとして紹介されました。一緒に使用する時、PPFモジュールおよびスイッチキャパシター・ベースのAAF-16は、従来の、連続的時間アクティブフィルターの低騒音性能と一致する一方、プログラム化可能性、可同調および低コストの利点を提供するハイブリッド・フィルタを形成しました。
1996年10月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、リモートコンピューターの制御の下で費用効果がよい信号処理を提供するマルチチャネル・フィルタ/増幅器システムを提供するというその計画において、二番目のマイルストンに跡を残しました。同社は、、差動入力およびプログラム可能なACまたはDCカップリングによる16チャンネル計測アンプ・カードおよび前段フィルタ・ゲイン搭載のPGA-16を紹介しました。
1996年12月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、Windows95/NT版の32ビット・ドライバおよびLabVIEW 4を開発することによってそのフィルタおよび増幅器カードのソフトウエア制御能力を強化しました。
1997年3月 RS-232インタフェースを利用した最高96チャンネルの信号コンディショニングのAT-SYS-100を発表しました。
1997年4月 AT-SYS-400は、弊社の二番目のフィルタ・システムになります。そして、可変同調型ローパスフィルタリングの最高32チャンネルを必要としているコストに敏感なアプリケーション用のスタンドアロン・ソリューションを提供しました。
1997年6月 アリゲータ・テクノロジーズ社はバンドパス・オプションでそのAAF-3つのフィルタ/増幅器カードを強化しました。そして、AAF-3のメインのボード上で、既存のローパスフィルター・セクションでハイパスフィルタセクションを使用することにより達成させました。
1998年12月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、SCS-800信号処理システムを紹介しました。最初のポータブル、モジュラ形、信号処理は、研究所と同様にきびしい環境のために適合しました。不揮発性メモリー付のプログラム可能およびDC電源オプションもあります。
1999年1月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、SCS-800用のSCS-812計測アンプ/ローパスフィルター・モジュールを紹介しました。差動出力DCトランス・ドライブを特徴としています。各々のチャンネルは、要求された周波数の1%の分解能で、エリプティックおよびリニア位相の間で選択可能なフィルタ特性を持っています、
1999年2月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、SCS-824ストレンゲージ信号処理増幅器を紹介しました。ビルトイン・プログラム可能な励磁、連続的に可変同調型の4ポールのバターワース・ローパス・フィルタリング、負荷平衡、自動DCキャリブレーション、ACカップリング、差動出力DCトランスを特徴としています。SCS-824は、産業界で最も完全なストレンゲージ信号コンディショナーです。
1999年4月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、SCS-800用のSCS-815計測アンプ/ローパスフィルター・モジュールを紹介しました。差動出力DCトランスを特徴としています。各々のチャンネルは、トータルによる特性が要求された周波数の1%の分解能で、制御する6ポールのベッセル・フィルタを持っています。
1999年6月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、SCS-800用のSCS-820計測アンプ/ローパスフィルター・モジュールを紹介しました。差動出力DCトランスを特徴としています。各々のチャンネルは、トータルによる特性が要求された周波数の1%の分解能で、制御する8ポールのベッセル・フィルタを持っています。
1999年7月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、研究所および多数のチャンネル・カウントユース用のSCS-801 19インチ・ラック・マウント・シャーシを紹介しました。最高18のSCS-800ファミリー・モジュールをサポートすることにより、最高144チャンネルを構成できます。1台のPCから最高127のSCS-801のシステムをリンクさせることができアプリケーションで最も広範なものに対応するために同じソフトウエアによって制御させることができます。
1999年11月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、SCS-800用のSCS-814計測アンプ/ローパスフィルター・モジュールを紹介しました。差動出力DCトランスを特徴としています。各々のチャンネルは、トータルによる特性が要求された周波数の1%の分解能で、制御する6ポールのバタワースフィルタを持っています。
2000年1月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、SCS-800用のSCS-816計測アンプ/ローパスフィルター・モジュールを紹介しました。差動出力DCトランスを特徴としています。各々のチャンネルは、トータルによる特性が要求された周波数の1%の分解能で、制御する8ポール・バタワースフィルタを持っています。
2000年2月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、SCS-825ストレンゲージ信号処理増幅器を紹介しました。ビルトイン・プログラム可能な励磁、連続的に可変同調型の4ポールのベッセル・ローパス・フィルタリング、負荷平衡、自動DCキャリブレーション、ACカップリング、差動出力DCトランスを特徴としています。SCS-825は、産業界で最も完全なストレンゲージ信号コンディショナーです
2001年12月 モデルAAF-2はPCIバス用の弊社の最初のローパスフィルター・ボードになります。そして、A/D変換システムにおいて信号エリアジングおよび高周波騒音問題を除去します。
2002年2月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、AT-SYS-200を紹介しました。AAF-2シリーズのボ-ド用のスタンドアロン・シャーシです。このシャーシは、最高16チャンネルのチューナブルフィルターを構成することがが使用可能な低コストのスタンドアロン・システムです。
2002年3月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、SCS-800用のSCS-818計測アンプ/ローパスフィルター・モジュールを紹介しました。差動出力DCトランスを特徴としています。各々のチャンネルは、トータルによる特性が要求された周波数の1%の分解能で、制御する4ポールバタワースフィルタを持っています。
2002年4月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、SCS-800用のSCS-819計測アンプ/ローパスフィルター・モジュールを紹介しました。差動出力DCトランスを特徴としています。各々のチャンネルは、トータルによる特性が要求された周波数の1%の分解能で、制御する4ポールのベッセル・フィルタを持っています。
2003年2月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、PCIバス互換ソフトウェア・プログラム可能な8チャンネルのAAF-3PCI計測アンプおよびフィルタ・ボードを紹介しました。
2004年1月 アリゲータ・テクノロジーズ社は、AAF-3PCI、AAF-3、AAF-2およびAAF-1 PCプラグイン・フィルタ・システム用のAAF-2Feフィルタ・モジュール・オプションを紹介しました。AAF-2Feは、小型の信号フィルタリング用の1から10000まで設定可能なゲインを可能にしています。

AMTEC
(c)Copyright: Amtec., Co. Ltd. 2000-2014, All Rights Reserved   
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
*/