AMTEC HOME
alligator-systemtop  SCS-818 / 819  8CH プラグイン・ボード
ローパス / 計測アンプ
 4ポール バターワース・ベッセル
SCS-800シリーズ・エンクロージャ用
PCI FILTER/AMP
Highslide JS
SCS-812
Highslide JS
SCS-800
Highslide JS
SCS-801 エンクロージャ
Highslide JS
SystemView 800
 特 長
4ポール・バターワース または 6ポール・ベッセル・フィルタ 同期用のプログラマブル/クロック出力
8チャンネルのアンプ/フィルタ @モジュール ±10V入出力
独立したコーナー周波数設定 ユニポーラ〜バイポーラ(0〜5V > ±2.5V
独立したゲイン設定(1〜1000@チャンネル 自動DCオフセット補償
差動出力(最高30mまでの出力ケーブル使用可能) オフセット保証<2mV @ゲイン=1
オンボード・チャンネルおよびモジュール・マルチプレクサ 入力ケーブルシールド・ドライブ
SCS-814モジュール4ポール・バターワース / カットオフ周波数:0.5Hz〜70KHz (ソフトウェア設定)
SCS-815モジュール4ポール・ベッセル / カットオフ周波数:0.5Hz〜70KHz (ソフトウェア設定)
 概 要
ローレベル信号のフロントエンド信号コンディショナ用SCS-818は、8チャンネルのプログラマブルのバターワース・ローパス・フィルタリングおよびSCS-819は、8チャンネルのプログラマブルのベッセル・ローパスフィルタ・リングおよびプログラム可能な高品質の計測アンプを提供します。SCS-800/800Rシリーズのエンクロージャで最大8スロット(64CH)、SCS801エンクロージャで最大18スロット(144CH)を利用できます。

各フィルタ・チャンネルは、バターワース特性で0.5Hzから70kHzまで、またはベッセル特性で0.5Hzから70kHzまでの全体のバンド幅に対してソフトウエア制御により、任意のコーナ周波数の設定が可能です。カップリングのACまたはDCは、全体のモジュールに対してソフトウェア選択可能です。各フィルターのコーナ周波数は、4つの外部クロックのうちの1つを利用してトラッキング・アプリケーションとして使用することができます。

各チャンネルの高品質の計測アンプは、同相除去比90dBの差動入力と同様にソフトウェア選択可能なゲインを提供します。各チャンネルは、1、2、5、10、20、50、100、200、500または1000のゲイン設定に対して独立してプログラマム可能です。ユニポーラからバイポーラへのオフセット変更は、0から5V信号をバイポーラ±2.5V出力へシフトすることにより/コンバータのレンジの分解能を拡大させることになります。この出力は、それから本格規模の/入力信号を提供するために増幅させることができます。

DCオフセット:
モジュールは、2mVの全DCオフセット(RTI)を提供する自動DCオフセット補償を特徴としています。

入力:
SCS-818およびSCS-819は、8CHの独立した差動入力で各々DCまたはACカップルに設定することができます。計測アンプは、±10Vの入力電圧レンジを装備して、最大±40Vまでの過電圧に対して保護されています。
シールドされたコモンモード・ドライブ計測アンプは、入力信号を保護します。

出力:

非常に低インピーダンス10Ωの専用のDC変圧器回路は、真の差動出力を提供します。この回路は、コモンモードノイズが受側の信号で生じさせないよう保証しています。この回路も/コンバータ上でシングル・エンド入力を可能にします。そして、コモンモード阻止不平衡を犠牲にすることなく/チャンネル数の効果的を倍にします。出力は、±10Vを提供するために基準化されます。

各チャンネル出力は、出力コネクター上で差動信号として利用できます。そして各々のシングル・エンドまたは差動入力としてデータ・アキュジション・レシーバに配線することができます。

SCS-800シリーズのシステムは、データ・アキュジション・ホストに出力を送出する様々な方法を提供します:全ての出力信号は、同時サンプリングする為にホストと平行して配線することができます。全ての出力信号は、SCS-812のフロント・パネルの出力コネクターを通して1セットのアナログ出力ライン上でタイム・マルチプレクスすることもできます。

全ての出力信号は、SCS-804システムコントローラー・モジュールの1つのコネクターにSCS-800シリーズの バックプレーンを通して他の全てのモジュールの出力をタイム・マルチプレクスすることもできます。この方法は、チャンネル・マルチプレキシングまたはチャンネルおよびモジュール・マルチプレキシングを提供します。

この接続方法により独立していくつかのモジュールは、バックプレーン上でマルチプレクスされます、そして、他のモジュールが、独立した出力として全てのチャンネルが設定されていれば、それ自身のフロントパネルからマルチプレクスされます。
SystemView 800 ソフトウエア
SCS-800シリーズは、SystemView 800の優れたデザインにより、使いやすいグラフィック・アプリケーションでSCS-800を制御できます。SystemView 800は、例えばフィルター・カットオフ周波数、アンプ・ゲインおよびAC/DCカップリングのような主要パラメーターをプルダウンメニューを通して設定します。

パラメータの変更に際し、SystemView 800は、全ての関連した計算を即時に実行して、設定時間を減少させます。SCS-800は不揮発性メモリーに設定条件を自動的に保存します。複数の設定は、ホストPC上で保存することができ、ファイルを選択してSCS-800にそのデータを送信することによって簡単に適用することができます。

SystemView 800は、例えばLabView、DASYLab、HP-VEE、Diademおよび任意のカスタムアプリケーションまたはグラフィック・データ・アキュジション環境から要求されるユーティリティーのダイナミックにリンクされたライブラリのパワフルなセット上で構築されます。SystemView 800は、WindowsXP/2000/NT用の32ビット・バージョンで利用できます。
フィルター仕様
-
カットオフ周波数
283通過帯域性能
遷移スロープ
総帯域ノイズ
4ポール・バターワース
0.5Hz〜70kHz
+0.1dB、-0.1dB 最大
80dB/オクターブ
530uVrms 代表
4ポール・ベッセル
0.5Hz〜70kHz
+0.1dB、-0.1dB 最大:ドュループ典型的な応答
-0.2dB @0.3fc、-1dB @0.6fc、-2dB @0.83fc
60dB/オクターブ
530uVrms 代表
仕     様
入力特性 出力特性
ACカットオフ: 0.03Hz 代表 インピーダンス: 10Ω
入力電圧レンジ: ±10V 電圧レンジ: ±10V
同相除去: 80dB 最小、92dB 代表 (ゲイン1) 一般
ノイズ(RTI @G=1): 30nV/Hz 動作温度: 0℃〜55
カップリング: ACまたはDC 保存温度: -25℃〜85
インピーダンス: 2MΩ./20pF 湿度: 0%〜95% 非結露
保護: ±40V マルチプレクサー
バイアス電流: ±2pA 代表、±100pA 最大 最小スイッチング時間: 100u
オフセット セトリング時間: 10u秒: 〜0.1%(コントローラカード仕様)
電圧: ±0.1mV 代表、±1.0mV 最大 コネクタ
電流: ±1pA 代表、±100pA 最大 入出力: アンフェノール787096-1
ゲイン ラッチ: アンフェノール787003-3
ステップ: 1、2、5、10、20、50、100、200、500、1000 接続コネクタ
確度: ±0.08dB 最大 入出力: アンフェノール787131-1
  バックシェル: アンフェノール787133-1
全てのSCS-800モジュールは、標準3Uフォームファクターに適合した信頼性の高い50ピンVMEコネクタを使用しています。完全にシールドされたコネクタは、ESDに対して最高の保護を提供します。
フィルタ・タイプ選択 ステップ応答 (ベッセル:平坦波形 、バターワース:オーバーシュート波形
フィルター・モジュールの選択は、性能を発揮するデータ分析の種類に依存します。

バターワース・フィルターは、通過帯域および比較的速いカットオフ内で平坦な周波数応答を持っています。それは、カットオフ周波数の近辺で特に重要な遅延歪を持っています。その時間領域ステップ応答は、重要なオーバーシュートを持っています。


ベッセル・フィルターは、ステップ応答内でリニア位相応答を持っており、ほとんどオーバーシュートを持っていません。周波数領域内のフィルター・ロールオフは、バターワース・フィルターと比較して非常に遅いです、そして、それは、カットオフ周波数の1/10と同じくらい低い通過帯域出発を通して、デュループを持っています。

 

 
AMTEC
(c)Copyright: Amtec., Co. Ltd. 2000-2014, All Rights Reserved   
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
*/