ソフトウエア  
WaveView for Windowsは、新しいMicrosoft Windows. をベースとしたデータアキュジション・パッケージでパーソナル・コンピュータのPCI、USBおよびワイヤレス製品に標準添付で我社のプラグイン・カードをサポートしています、変更可能で、使い易く、速く学習するのが簡単で拡張性があります。

Windows版WaveViewソフトウェア・パッケージは、データを収集して、解析することを基本としています。基本的には、2つの操作モードのスコープ・モードとチャート記録がサポートされます。WaveViewは、また、波形生成ツールまたはデジタル電源コントローラとして使用することができます。変更可能で、使い易く、速く学習するのが簡単なソフトウェアは、拡張性があります。マイクロソフト@Windowsベースで、マウスを使用することにより、大部分の機能が実行されます。
DOWNLOAD(ZIP5.4M)
内容(インストールマニュアル; WaveView設定ファイル:ボード・エミュレータ; EDRE API)
:
アナログ入力:高速フーリエ変換をサポート/ディスク(最大400kHz)へのストリーミングおよびExcelにファイルを出力している間、最高64チャンネルがリアルタイムで表示できます
アナログ出力:最高2チャンネルのDC出力または波形生成
デジタルI/O:アナログ・アラームによる入出方向プログラム可能な(1ビットまたは8ビット)イベント・トリガ
カウンタ/タイマ:完全なイベント・トリガー、パルス計数、周波数測定、周波数生成
熱電対入力:グラフィックディスプレイおよびExcelファイル出力を伴うリアルタイム表示と温度データ・ロガー
ハードウェア設定ダイアログは、ハードウェアを異なるコンポーネントに割り当てるために使用されます。ある特定のコンポーネントがサポートされる場合、ハードウェア管理者はハードウェア能力を評価して決定します。有効なハードウェア・リスト・ボックスは、全ての接続されたデバイスのリストを示します。
オシロスコープは、アナログ入力信号を記録するリアルタイム・アプリケーションです。オシロスコープはフルに設定可能です。サンプルする前に、ハードウェア構成を実行する必要があります。この構成は、保存することができ後で再使用するためにロードすれることができます。2つのモードの連続とブロック・モードがあります。停止ボタンが押されるまで、連続モードで、ディスプレイのデータは毎秒更新されます。ブロック・モードは、サンプル数を指定すれることができます。アプリケーションのオシロスコープ・ビュー上で表示されるあらゆるデータの高速フーリエ変換(FFT)を実行すれることができます。FFTは、6つの異なるアルゴリズム・タイプで計算させることができます。
チャート・レコーダは、低速の制御されたサンプリングが必要とされるプロセス制御アプリケーションです。チャート・レコーダは、視覚的にデータを観察して、ディスクに送信して単純な制御アプリケーションを実行するのを可能にします。チャート・レコーダは、2つの独立したビューから構成されています;ロガー/コントローラ・ビューワとチャート・ビューワ。あらゆるシーケンスで、チャンネル・リストは、いろいろなソース、多くのボードと外部デバイスから構成すれることができます。出力は、あらゆるチャンネル・ソースから異なるグラフまで管理することができます。アラームは、記録アラーム条件に設定することができます。警報条件に応答できるイベントをトリガーするために使用することができます。
メモリ内に最高10の電圧を記憶することができるデジタル電源として、電源は使用されます。それも、マルチプルデバイスの上で多重チャネルをサポートします。
信号発生器は、アナログ出力波形を発生させるために使用されます。それは、2つのモード、すなわち、PCI703シリーズによってサポートされる同時サンプルモードとPCI766シリーズによってサポートされる複数チャンネル・モードで使用することができます。波形1と2は、各々のチャンネルに対して視覚的に波形を表示します。
Windows版Waveviewの温度モジュールは、ユーザーに使いやすい温度表示とデータロガーを提供します。プログラミングの知識なしでユーザーを速く我社のPCI-773カードを構成して、全ての16チャンネル上で温度入力のロギング及びモニタリングを始めることができます。
ハードウェア設定
オシロスコープ
チャート・レコーダ
デジタル電源
信号発生器
温度表示とデータロガー