センサー内部取り付け
工業
CorTemp™レコーダは、センサシグナルを受信して信号周波数をデジタル温度情報に変換します。この温度データは、0.01℃の分解能で、デジタル表示されます。

CorTemp™レコーダは、-40℃から+135℃の間で、温度を表示することができます。温度は、将来のダウンロードと解析用のメモリに保存されている間、ユーザープログラマム可能なレートでサンプルされると同時に、リアルタイムでモニタ表示します。

CorTemp™レコーダレコーダは、1個の標準9Vアルカリ電池で動作します、そして、10秒毎の間隔で約110時間の連続記録を提供します。CorTemp™レコーダにプログラムするサンプリング間隔の設定によりますが、バッテリー電源は、約336時間(2週間)もの長い間使用できます。

CorTemp™レコーダは、25,000の温度読取りを記録して記憶します。ユーザーは、レコーダのサンプリングを10秒から24時間間隔でプログラムすることもできます。サンプリングレートにもよりますが、110-336時間継続させるためにはアルカリ電池を推奨します。

CorTemp™レコーダは、データロガーに使用したり、リアルタイムで温度情報を提供することができます、さらに50個のセンサ・キャリブレーションを前もってプログラムしておくことができます。
CorTEMPニュース
生産ラインへの応用
管理現場
製紙工場の乾燥温度管理システム
センサー内部取り付け/拡大写真
ピックアップコイル
モータ・回転機への応用
蒸気殺菌への応用
 
オートモービルへの応用