ケージの中での計測(鳥用の平アンテナを使用)
農業
放し飼い動物のワイヤレス・モニタリング
動物の熱中症と病気の指標を検出する手腕は、農業の研究優先順位であり続けました。動物の健康との近い相関により、中核体温と心拍数は動物の健康な存在の従来の物差しでした。

これらの生理的パラメーターをモニターする電流方法は、結果を妥協して処理するデータ収集機器を使用する時、動物を拘束してまたは動物を狭い地域に限定しなければなりませんでした。CorTemp™ワイヤレス動物モニタリングシステムは、簡単に中核体温と心拍数をモニターするのを可能にします。

相当な影響、動物の幸福と動物の生産の経済状態に関する両方ともを提供する間、動物の放し飼い環境は、大いにまた、目標結果を得るために研究者の能力を拡大させます。

システムは、一つ以上の動物のパーソナル・モニタリング・セットから構成されています:移動性モニタ、RFリモート装置、Polarブランド心拍数ベルト、CorTemp™埋め込みまたは飲込み可能な中核ボディ温度センサー。

これらのパーソナル動物のモニタリング・セットは、データをRF中央基地局に送信して研究者の観察用のPCに連続してリアルタイムでリンクします。環境に従い、パーソナル・モニターセットからRF基地局への信号距離は、異なりますが約100フィート位です。

HQIは、大小様々な動物に対応するために多種多様なサイズでの埋めこみ可能および飲込み可能なセンサを製造しています。CorTemp™データレコーダシステムは、動物の研究、商業生産と輸送環境に対しても最適です。
CorTEMPニュース
・家畜動物の健康管理
・繁殖中の実験動物の健康管理
・実験動物の薬効効果
管理現場
背中にハーネスベルトでレシーバを固定
ケージ別にモニタリング
カプセル挿入状況