宇宙時代技術 HQI USAホームページ CorTEMPニュース
1980年代後期に、NASAのゴダード宇宙飛行センターと協力してジョンズホプキンス大学は、そのアプライド物理研究所を通してCorTemp™コア体温センサ技術を開発しました。飲込み可能な“温度計ピル”として紹介され、センサは、宇宙飛行の間、皮下熱と高熱条件を測定して中継するために宇宙飛行士の深い内部中核体温をモニターするために使用されました。

シリコーンでコーティングされたカプセル内で、CorTemp™飲込み可能な“温度計ピル”は、テレメトリー・システム、ミクロのバッテリーと水晶温度センサーを特徴とします。胃腸内で、水晶センサはそれを囲んでいる周囲の物質(ボディ)の温度と比較して、周波数を発振します。そして、磁束を生じさせてボディを通して無害に信号を送ります。

データがPCプラットホームにダウンロードされるまで、持ち運べるデータ・レコーダはソリッドステートメモリ内にデータを記憶して表示します。今日、CorTemp™特許センサ技術は、その世界的なユーザー・ベースの要求を満たすためにいろいろな他に市場を拡大しました、そして、HQ社に独占的なライセンスを残しました。

HQ社は、医学、軍、スポーツ生理学、農業と工業アプリケーションにおける低消費電力温度センサーとワイヤレスで幅広い温度レンジをモニターすることにおいて15年以上の経験があります。
ワイヤレス温度計ピルは、宇宙飛行の間、測定して高体温条件を中継するために宇宙飛行士の深い内部中核体温をモニターするために使用されました。