CorTemp™ レコーダは、センサシグナルを受信して信号周波数をデジタル温度情報に変換します。この温度データは、0.01℃の分解能で、デジタル表示されます。 CorTemp™ レコーダは、-40℃から+135℃の間で、温度を表示することができます。温度は、将来のダウンロードと解析用のメモリに保存されている間、ユーザープログラマム可能なレートでサンプルされると同時に、リアルタイムでモニタ表示します。

CorTemp™ レコーダは、1個の標準9Vアルカリ電池で動作します、そして、10秒毎の間隔で約110時間の連続記録を提供します。 CorTemp™ 2004 にプログラムするサンプリング間隔の設定によりますが、バッテリー電源は、約336時間(2週間)もの長い間使用できます。

CorTemp™ レコーダは、25,000の温度読取りを記録して記憶します。ユーザーは、レコーダのサンプリングを10秒から24時間間隔でプログラムすることもできます。サンプリングレートにもよりますが、110-336時間継続させるためにはアルカリ電池を推奨します。

CorTemp™ レコーダは、データロガーに使用したり、リアルタイムで温度情報を提供することができます、さらに50個のセンサ・キャリブレーションを前もってプログラムしておくことができます。
CorTemp™レシーバ
最大25,000ポイントのメモリー/ハイ・ローのアラーム設定
RS232によるデータ転送
 
(ハイパーリンクによるリアルタイム転送可能)
リアルタイムD/A出力(オプション)
データは、テキスト形式のスプレッドシートで読取可能
標準付属のCorTrack II ソフトウェアで簡単にグラフ作成可能
CorTemp™ レコーダ
形 状: 12L x 6W x 2.5H cm
重 量: 約193g
アンテナ: 内部 (有効範囲:65cm 以内)
電 源: 9V DC電池
使用時間: バッテリー寿命/サンプリングレートによる
サンプリング・レート: 10秒〜1時間
ディスプレー: 2ライン液晶、2x16文字
データ入力: 16種のキーパッド又はパソコンより
使用温度範囲 -24℃ 〜 +65℃
メモリー容量: 128K RAM
データ表示: 時間および温度(摂氏又は華氏)
最大50種のセンサー・キャリブレーション・データ
データ保存: 25,000 データポイント
データ出力: RS232によりPCへの転送
エクセル表示、フィルタリング機能
付属品: RS232専用ケーブル、キャリング・ケース、マニュアル
保障期間: 90日間の無償サービス、1年間
オプション: D/Aコンバータ、POLAR®心拍センサー
CorTemp™レコーダ(レシーバ)は、マニュアル読取りで1つの被験者または別々の被験者から温度情報を収集するために携帯端末として温度データの拡張された周期で収集するための移動性レコーダとして使用することができます、そして、アクティブなセンサ間を簡単に切り替えることができます。データをダウンロードする時、アクティブなセンサナンバー、日付、収集周期および温度を表示します。

PCリンクとデータ転送:
測定サンプリングの設定やアラーム設定は、本体のメニューキーを押して行い、無償添付のCorTrack II ソフトウェアでデータ転送を行うことができますが、PCリンク設定メニューにより本体からの設定でPC接続やPCへのデータ転送を行うことができます。
Highslide JS
This caption can be styled using CSS.
*/