MCC AMTEC

メジャメント・コンピューティング社(旧社名:ComputerBoards社)は、2つのポリシーを持っています:最初に、最善の価格、最高の品質、コンピュータによるデータ収集、制御とGPIBハードとソフトを提供することです。

二番目は、同様に弊社の顧客に優れたポスト販売サポートを提供する重要な任務です。弊社の最新の製品提供に関して、最もきめ細やかな電話テクニカルと販売サポートを提供することにより、旧製品とオペレーティングシステムを所有したユーザーに対して最初のレート・サポートを維持し続けることを、弊社は、ユーザに対して約束しています!
1989年6月26日にComputerBoards社(旧社名)を設立しました。パーソナルコンピュータ・データ収集のための市場は、1982年のゼロから始まって1989年までに毎年1億5000万ドルまでに成長しました。

コンパック、デルおよび他の互換機製造業者の信じられない成功は、ComputerBoards社に模範を示してくれました、そして、要求された標準構成、互換機を生産することに焦点を合わせ、そして、可能な限り低価格で(現在も実行しています!)製品を提供することでした。
ComputerBoards社は、1993年5月に工業用としては初めての新しいPCMCIA Type IIフォーマットのデータ収集制御カード発表して、そして、1994年3月に出荷を開始しました。弊社は、現在異なる13枚のPCMCIAカードをデータ収集および通信に対して提供しています。

始終一貫して重要なソフトウェア製品、データロガー、USBベースのI/O、そして、サテライトエキスパンション・シャシーを追加することにより、弊社は、単にコンピューター・ボードだけではなくより多くの製品を提供することにより成長してきました。社名変更は、この成長を反映させるために必要とされました。ComputerBoards社は、2000年10月にメジャメント・コンピューティング社に正式に名前を変更しました。

今日、メジャメント・コンピューティングはパーソナルおよびスモール工業用コンピュータのために産業界にデータ収集、コントロールおよびGPIBインターフェースの最もワイドな組合せを提供しています。マーケット・リーダーとして、弊社は互換機製品をもはや提供しません。弊社の製品の多くの性能は、産業界で他に類を見ないでしょう!