Universal Libraryは、上のVisual Basic .NETプログラムのような多くの役に立つプログラム例を提供します。
ULの使いやすさ!
Universal Libraryは、ユーザサイドにたって設計されました:プログラムの観点から書かれています。ソフトウェアパッケージが作成されるときはいつでも、妥協点は、クリエーションの容易さと使いやすさの間で決定されます。
Universal Libraryは、設計で妥協しておりません:それは、常にあなたのためにより容易に使用できるように、そして、よりハードなプログラムが作成できるようになっています。アナログを読み取るのにどの位のステップ数が必要なのかを見てみましょう。Universal Libraryで、1つの命令行が、あります。他のライブラリは、多くの命令行を必要とするかもしれません。相違点は、ライブラリの内部構造にあります。他のライブラリは、あなた自身のタイミングと切換え動作をセットアップさせるかもしれません。Universal Libraryは、あなたのためにそのようなものすべてを実行します。全ての小さい詳細は、内部でライブラリによって処理されます。
 
ハイレベルのファンクションを提供!
Universal Libraryは、個々のファンクションの上で構築され、各々をプログラム、トリガ、ボードのI/Oコンポーネントの読取りまたは書き込みを行います。
アナログ入出力:
Libraryは、10のハイレベルのアナログ入出力ファンクションを含んでいます。単体のファンクションは、完全なアナログ入力または出力タスクを設定して実行します。例えば、AInScan functionはスキャンするためのチャンネル、データを取得するためのスキャンレート、入力レンジとサンプル数を選びます。AInScan内のオプション・パラメータによって、バースト・モード・サンプリング、フォアグラウンドまたはバックグラウンド操作、内部または外部クロックとトリガー・モードを選択することができます。
デジタル入出力:
8つのデジタル入出力ファンクションを、ポートとしてまたは個々別々に入力または出力としてDIOビットを構成することができます。一旦設定されると、ファンクションは読取り/書込みポートまたは個々のビットに提供されます。
カウンター:
14のカウンター/タイマー・ファンクションによって、各々のカウンターの読取り、ロードそして構成することができます。周波数測定機能も、また、提供されています。
ストリーマーファイル・ファンクション
4つのストリーマー・ファンクションは、取得された高速データを自動的にファイルにストリーミングされるように設計されています。
エラー処理ファンクション
エラー処理ファンクションは、いくつかのオプションにエラートラッピングとエラー報告のための両方とも提供します。レポート機能は、NONE、警告のみ、または致命的のみまたは全てに設定させることもできます。エラーによって、プログラムの実行を停止させるかもしれません、またはそのまま続けることができるかもしれません。
他のファンクション
多数の他のファンクションは、設定の手助け、リビジョンの確認、データの変換、そして、いろいろな他のファンクションを実行させるのに提供されます。
 
パラメータ妥当性チェック!
Universal Library内の広範囲な機能グロッサリーは、プログラム要求に対するボード機能とボードが一致することができないトラップ要求をチェックします。例えば、PCI-DAS6052をプログラムしていて、500kHzのサンプルレートを設定するとした場合、Libraryは、ボードにそのレートを設定できない旨のアドバイスを提供してそのエラーを阻止してくれます。機能グロッサリーは、ボードの性能にないプログラムを書くのを防いでくれます。これは、デバッグの時間を節約して、無効なデータの解析を防いでくれます!プログラミング・テンプレートを含んでいます。
プログラム例の完全セットは、あなたのアプリケーションを構築し始めるのを手助けするためのテンプレートとして使用することができるようにデザインされており、Universal Libraryに保存されています。VB、C、その他の実例も提供されています。そして、Visual StudioとVisual Studio .NET言語用の実例も含まれています。
ULの高い信頼性! 長期のコミットメント!
Universal Libraryは、1990年から使用されています。250,000以上の使用時間おいてデータ収集ボードは、Universal Libraryソフトウェアで任務重要なデータ、工場の制御、実験と製品テストステーションを取得するようにプログラムされました。Libraryが、現在第5番目の主要なリビジョンになっておりますが、各々のアップグレードにおいてリリースの前に厳しい多くのテストを行っています。
Universal Libraryは、現在、メジャメント・コンピューティングで販売された全てのハードウェア製品とWindows 95とそれ以降のあらゆるプラットホームをサポートしています(弊社のISAボードのDOSドライバーも現在サポートしています!)。弊社は、測定と制御においてあなたの投資を保護する信頼できる、使いやすいソフトウエア・サポートを提供し続けます。
MCC AMTEC
PDFカタログ
Universal Library™
Universal Libraryは、低レベル・ハードウェア・ドライバーとあなたのプログラム言語間でハイレベルのインタフェースを提供します。
VWindowsベースのプログラム言語でアプリケーションの作成
言語間を越えたUniversal Library:
Universal Libraryは、各々のサポートされた言語のために同一の関数群と引数を提供します。もし、あなたが言語を切り換えるとしても、新しい構文と異なる特徴により、新しくライブラリを学ぶ必要はありません。
現在サポートされている言語は:
Windows: Borland: Watcom: .NET:
Visual Basic
Visual C/C++
Quick C
Microsoft C
Borland C++
C++ Builder
Delphi
C++ VB .NET
C# .NET
ボード間を越えたUniversal:
Libraryは、ボードの一般の操作の全てのためのハイレベルファンクションを含んでいます。ボードの各々は、異なるハードウェアから構成されますが、Universal Libraryはこれらの相違をあなたのプログラムから見えなくしています。それで、例えば、PCI-DAS6036ボード用に書かれたプログラムは、PCI-DAS6052で動作します。
論理構造:
I/Oハードウェアを制御するソフトウェアのために最も受け入れられ、そして、論理的構造は、どれですか?
Windows制御パネルをオープンして、あなたのコンピューターが設定される手段を調査します。ハードウェアの特定のアスペクトは、まれに設定されます。それらは、比較的一定のままであると仮定されます。実際、プログラムはそれに依存します。作業が実行されて、ハードウェアの他のアスペクトは変化します。コンフィギュレーションユーティリティ(InstaCal)は、有望ではなくまたはプログラム制御下で変化することが、望ましくない全てのパラメータを維持します。ロードする時、Universal Libraryが読みとるコンフィギュレーションファイルで、コンフィグレーション情報は記憶されます。コードを再書込みすることなしに、自由にボードを交換できる論理構造になっています。
InstaCALは、ボードの静的パラメータを設定して, そしてULによってコールされるファイルに、情報を保存します。